きっと、いつかの物語

現実と妄想をごちゃごちゃオタク

リスタートポイント夏休み2018

夏休みが終わった。正確には、既に終わっていたのだけれど。

f:id:kat-tunf:20180916172236j:image
f:id:kat-tunf:20180916172223j:image
f:id:kat-tunf:20180916172233j:image
f:id:kat-tunf:20180916172217j:image
f:id:kat-tunf:20180916172213j:image
f:id:kat-tunf:20180916172229j:image
f:id:kat-tunf:20180916172238j:image
f:id:kat-tunf:20180916172226j:image
f:id:kat-tunf:20180916172210j:image

大学は自分で授業を決められるので最高だ。月曜日に作った一人だけの夏休み。みんなは大学で授業を受けて、私は家でひっそりと息をする。

今年の夏は色んな誘いも断って何処にも行かずに何にもしない予定だった。無為is最高。宙ぶらりんな毎日を過ごして、少し不安定なままで良いと思った。起きてもそもそと食事を取り、ベットに戻って一日を過ごす。そんな生活が贅沢だと思っていた。

 

コミケに行った。山に登った。九州に行って姉と二人で水族館ではしゃいだ。フォロワーさんと渋谷で遊んだ。合宿に行った。高校の部活動に行った。ネットショッピングをした。(この話はまたいつか)好きなゲームの展示会に行った。高校の頃の可愛くて大好きだった女の子と遊んだ。軽く挙げただけで随分と活動的だったと思う。私の周りの人は私を連れ出して振り回すのが好きなのだ。今年はなんだかそれらを嫌悪することは少なかった。

コミケ、〇〇の主役は我々だ!の頒布物を目当てに行って、楽しかった。オスマンさんがグラサンを外していて、まつげがバッサバサでつい凝視してしまった。グラサン無くて吃驚したでしょ?と言わんばかりの「ん?」を喰らってたじろいだ。素敵なJKだと思った。(頒布物の内容も当然だけれど)彼等は最高のエンターテイナーだと思う。

サークルの合宿は星空がとっても綺麗だった。不謹慎でも「このまま死んでも良い」と感じた。朝方3時に見た空がそれはもう美しくって泣いてしまいそうになった。様々な人間の思惑が交ざる場所で辟易としていたから余計に。来年は防寒具を準備して外で寝たいなぁ、なんてね。

高校に行った。私は、精神衛生上よろしくないという理由で部活動のメンバーに会わないようにしていた。だから今まではみんなが顔を出すタイミングにバイトを入れたりとしていたのだけれど、今回はどうしても集まらなくてはならなかったのですごく憂鬱だった。結果的には、行って良かったと思う。みんなは相変わらずだったけれど、私の中で凝り固まっていた呪いみたいなものは解けた。それでもまだ、話す時には緊張する。これから少しずつ改善していけば良いな、と考える。そう思えるようになったのだ。嬉しい、と思う。

 

f:id:kat-tunf:20180918105438j:image

 

最初はスケジュール帳が色んな予定で埋められていく様子を、疲弊した顔で見つめていたのだけれど、思ったより楽しかった。まぁ一人か集団かと言われたら迷わず一人を選ぶけれども。私は自分の精神がよろしくないことを十分に理解しているので、他者と関わることをあまり好まない。たまにそのことを考えて憂鬱になることもあるけれど、基本的にはこの自分も認めているので治す気はなかった。今もこのスタンスは変わらない。けれど、無理のない範囲でもうちょっと人と関わっても良いんじゃないかな、と感じた。だから、ここからリスタートを切るのだ。頑張るぞ。無理はしなくて良いから。