きっと、いつかの物語

現実と妄想をごちゃごちゃオタク

今の精一杯

たくさん、書きたい事があった。でもいざページを開くと何も浮かんでこなくって、全然書けなかった。

 

高校生活が終わった。苦しかったり辛かったり沢山したけど、総括するとやっぱり楽しかったなぁ〜と思う。楽しかった。

毎日毎日、明日死ぬんだろうな、と思ってた受験期、物凄く辛かった。前なんて何処にもなくて、他人の精神的餌食になる気がして、禍が禍を呼ぶ感じ。ずっと何となく、の感覚で生きていたのだけれど、何となく、の感覚で楽しかったのだけれど、タイムリミットが来てしまった。つまんないつまんないつまんない。それは間違いあれは間違いこれも間違い。あなたの人生は全てダメ。否定されて否定されて、立ち上がる気も起きなくて、何もかもが沈んで、死んだように眠る。その繰り返し。

 

 

 

色んなことがあった。嫌なことあったし悔しい思いもしたし、そんなことが割と多かった日々だった。けれど、私は生きてきた。明日も生きる。その先も、ずっと。

 

(ちょっと疲れてしまって全然書けない!続きはまた、今度)